スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬大男説に1つの異論…169cm62kg(読売新聞)

 山梨県甲州市塩山上井尻の郷土史研究家、矢崎勝巳さんが写真から体格を測定する方法を考案し、幕末の志士・坂本龍馬(1835~67年)の身長を169センチ、体重を62・1キロと算出した。

 平均身長が150センチ台だった幕末当時、龍馬の身長は5尺7寸(173センチ)とも6尺(182センチ)とも伝えられ、長い間大男だったとされてきたが、一石を投じそうだ。

 矢崎さんは、当時の着物の襟幅が6センチか6・5センチの2種類しかないことに着目した。6センチとすると背が低くなりすぎるため、6・5センチとして龍馬の立位の肖像写真で算出した。

 2007年10月の日本人類学会で、龍馬の身長は170センチに満たなかったとの試算を紹介したのに続き、昨年10月の同学会では体格指数BMIで体重を試算する方法も発表した。

 このほど、龍馬のBMI指数を標準体形の「18・5以上25未満」と仮定し、標準値の平均21・75を基に体重も試算した。矢崎さんはより精度を高めるため、京都国立博物館の考古室長・宮川禎一さんからのアドバイスを受け、看護師や医療関係者らにも龍馬の写真を示して体重を尋ねたところ、55キロ~62キロと答えたという。

 高知市の高知県立坂本龍馬記念館では、龍馬の身長を173センチと紹介している。歴史研究家・平尾道雄の著書「龍馬のすべて」の中で、土佐藩出身で宮内大臣を務めた田中光顕が龍馬を「5尺7寸」と説明した記述が根拠だ。

 長崎市の亀山社中記念館は昨年7月、京都国立博物館に保存されている龍馬の着物を元に、宮川さんと協力して龍馬の着物のレプリカを作製した。着物の丈は147・7センチで、175センチの男性が着用しても大きかったという。

 同市文化観光総務課は「龍馬は170センチ以上あったのでは」としているが、矢崎さんが呉服店に尋ねたところ、男性も女性のように着物を5センチほどたくし上げて着ることがあるという。

 宮川さんは「龍馬の身長に統一した見解はない。研究の余地がある面白いテーマだ」と話す。

 矢崎さんはこの試算の誤差を身長でプラスマイナス4センチ程度、体重はプラスマイナス4キロ程度と指摘し、「体重や身長が分かれば、歴史上の人物を身近に感じるためのひとつのヒントになると思う。これをきっかけにもっといい案が出てくればいい」と話している。(山田佳代)

<小沢幹事長>「起訴相当」議決…民主、参院選へ動揺(毎日新聞)
こち亀 両さんの銅像壊される 東京・葛飾(毎日新聞)
広島地検次席が急死=1日付で着任(時事通信)
新規作用機序の関節リウマチ治療薬の承認を了承(医療介護CBニュース)
<時効廃止>改正刑事訴訟法が成立 即日施行目指す(毎日新聞)
スポンサーサイト

自民党 舛添氏「新党の『し』の字も話していないのに…」(毎日新聞)

 自民党の舛添要一前厚生労働相は19日、福岡市で開かれた「毎日・世論フォーラム」(毎日新聞社主催)で講演し、「新党の『し』の字も話していないのにメディアが先走り、迷惑した」と新党志向を事実上、軌道修正。そのうえで同氏を批判した同僚議員を名指しして反論した。

 舛添氏がやり玉に挙げたのは、先週、「オオカミ中年。(党を)明日にも出た方がいい」と酷評した後藤田正純元内閣府政務官。後藤田氏が県連会長を務める徳島県で、同党の参院選候補者選考が混乱したことを指摘し「県連を崩壊に導いた人は責任を感じるべきだ」と応酬した。

 舛添氏の「弁明」は1時間の講演時間をオーバー、予定していた質疑応答は中止になった。

【関連ニュース】
舛添前厚労相:新党に触れず 東国原知事と会談
舛添氏:次の一手は? 新党構想、援軍なく
舛添前厚労相:与謝野元財務相らと連携否定 新党参加せず
舛添氏:執行部を批判「国会対策あまりに稚拙」
鳩山氏離党:与謝野氏「話聞く」、舛添氏「決めてない」

子ども手当、来年度から満額支給=民主研究会の参院選公約素案(時事通信)
全額公費で集団接種 栃木・大田原 小6子宮頸がん予防(産経新聞)
花冷え7分咲き 造幣局「通り抜け」(産経新聞)
サクラエビ 初水揚げ 駿河湾に春(毎日新聞)
野菜価格を緊急調査=農水省(時事通信)

4月の雪に行楽地悲鳴、灯油は売り上げ好調(読売新聞)

 4月なのに「銀世界」――。

 17日朝は関東甲信から東北南部の広い地域で季節はずれの降雪を観測し、花冷えを通り越して冬将軍が舞い戻ったかのような天気となった。

 普段の週末は家族連れでにぎわう行楽地も人影はまばら。都心ではストーブ用の灯油が真冬並みの売れ行きとなる一方で、クリーニング店にコートやセーターを持ち込む人が減るなどの異変が起きている。

 東京・練馬の遊園地「としまえん」では、乗り物にかぶせた雨よけシートに雪がうっすらと積もり、職員らは開園前、モップなどを使って解けた雪を払う作業に追われた。

 同園は晴天の週末、1日当たり5000人ほどの来園者を見込んでいるがここ数日間の来園者はダウンジャケットやコート姿が目立ち、客足もほぼ半減したという。

 広報担当の工藤真一さん(54)は「遊園地は天候に左右される商売。これからゴールデンウイークに向けてかきいれ時なのに……」と話した。

 最盛期を迎えた潮干狩りも、厳しい寒さで客足が遠のいている。浜松市西区の浜名湖では人出がめっきり減り、入漁料に期待していた地元の遊漁組合の担当者は「今日は風も出て気温も下がり、水に入れる状態ではない。このまま天候不順が続くとつらい」と話した。

 イベントなどの中止も相次いだ。栃木県日光市の日光二荒山神社では、予定された例祭「弥生祭」の花家体(はなやたい)行列が中止に。1200年以上の歴史ある行事で、日光観光協会によると、中止は1969年以来。同協会では「大粒のボタン雪がみるみる積もって道が真っ白になってしまった。地元に親しまれている行事なので残念」と話した。

 また、福島競馬場では、午前9時の段階で10センチの積雪があったため、予定していた全12レースを中止に。4月に雪で中央競馬の開催が中止されたのは、1954年の日本中央競馬会設立以来、初めてという。

 長引く寒さから灯油の売り上げは好調が続いている。東京都江戸川区などでガソリンスタンドを経営する共栄石油によると、4月に入ってからのストーブ用の灯油の売り上げは、例年の2倍以上のハイペースで、担当者は「こんなことは初めて」と驚く。狛江市の燃料販売会社ニシヤマでも、17日は開店直後から灯油配達の注文が相次ぎ、社員は「真冬並みの需要」と目を丸くした。

 街の商店にも影響が出ている。豊島区の巣鴨地蔵通り商店街の近くのクリーニング店「丸久」では、例年なら3月下旬から増えるコートなど冬物衣類の持ち込みが減った。同店の村川よしさん(71)は「冬物は例年の3分の1程度。早く暖かくなってくれないと、このままでは経営が苦しくなる一方」と頭を抱えた。

一式飾の一畑電車 出雲舞台の映画登場でPR(産経新聞)
生まれ変わった自民見せる! 足元に火種も…谷垣氏、新党に対抗心メラッ(産経新聞)
仕分け第2弾は天下りにメス、47法人を決定(読売新聞)
サノフィのGLP-1受容体作動薬で有意にHbA1c値低下(医療介護CBニュース)
【無名録】「高売り宣言」でNo.1(産経新聞)

山口組傘下の組長「滞在拠点」、神戸から追放へ(読売新聞)

 指定暴力団・山口組の2次団体が、神戸市内のマンションなどに組長の「滞在拠点」を相次いで設けているとして、兵庫県警は暴力団事務所に加えて、こうした拠点の使用などを制限する全国初の条例案を近くまとめる。

 山口組が同市灘区の総本部に日参するよう指示したことが背景にあり、県警は26団体、29か所の滞在拠点を把握。現在収監中の6代目組長・篠田建市受刑者(68)が1年後に出所する予定で、県警は来年4月の条例施行を目指している。

 県警によると、篠田受刑者は2005年7月に6代目に就任したが、同年12月、銃刀法違反で懲役6年の実刑判決が確定して収監された。その後、山口組は求心力維持のため、「直参」と呼ばれる2次団体組長にほぼ毎日、総本部に出向くよう指示したとされる。

 県外に75ある2次団体のうち、遠方の北海道や九州、東京などの26団体が、組長や親族、組員らの名義で神戸市内にマンションや一戸建てを購入したり、借りたりしているという。

 同県には、暴力団事務所の使用などを規制する条例がなく、県警が現在、暴力団排除を狙った条例案づくりを進めている。検討中の案によると、暴力団が事務所として新たに不動産物件を使用、取得することなどを禁止する。また、学校や図書館など指定施設の周辺に加えて住宅地も規制地域とし、組員が住民を不安にする行為をした場合は罰則を科す方針。

 県警は滞在拠点についても、「抗争時に悪用されると、市民が巻き込まれかねない」と判断。事務所に準ずると位置づけて、▽組員の出入りがある▽組長が継続的に寝泊まりしている――などの要件を満たす場合は制限の対象と認定する考え。条例案は、今秋の県議会に提出する予定。

 2次団体の滞在拠点を巡っては、静岡県の暴力団が神戸市長田区内の鉄筋3階建て店舗兼住宅を使っていたことが判明。組員の出入りがあり、幼稚園にも近いため、付近住民らが08年12月から退去を求めている。追放運動にかかわる男性(69)は「知らない間に、暴力団が生活に入り込んでいることが怖い。団結して立ち退かせたい」と話す。

 憲法では居住権が保障されているが、暴力団排除に詳しい猪狩俊郎弁護士(第一東京弁護士会)は「総本部周辺に集まるのは、抗争などの際に駆けつけやすかったり、組織を引き締めたりするためで、暴力団活動の一環。住むことだけが目的ではなく、住民が危険にさらされている以上、平穏な生活や共同の利益が優先され、暴力団側の居住権は一定の制限が許される」と話している。

羽田国際線枠9万回規模に=成長戦略重点項目-国交省会議(時事通信)
彼女を救出!実は「やらせ強盗」 大学生2人を逮捕(産経新聞)
「医療機器は成長産業」-民主議連作業チームが初会合(医療介護CBニュース)
シカに矢、死なせた疑いで男逮捕へ=春日大社でボーガンか-奈良県警(時事通信)
「内職で月10万円稼げる」と教材費詐取 5億2千万円被害か 元社長ら5人再逮捕(産経新聞)

独自3原則で独法見直し=直嶋経産相(時事通信)

 直嶋正行経済産業相は9日の閣議後会見で、所管する独立行政法人、公益法人について、同省独自に(1)事業の大胆な整理(2)カネの流れの明確化(3)経営資源のスリム化-の3原則を掲げ、見直しに取り組むことを明らかにした。23日に始まる行政刷新会議の事業仕分け第2弾に先手を打つ形で、まず、今後1週間で独法を対象に経産省独自の改革案をまとめる。 

【関連ニュース】
「各省仕分け」の対象基準決定=刷新会議
50法人超が対象=国民生活センターや住宅金融機構
独法の制度改革に意欲=枝野担当相
公約修正やむを得ない=枝野行政刷新相
国会議員「仕分け人」8人を発表=社民も参加

「会員の声聞く医師会に」原中新会長が所信表明(医療介護CBニュース)
民主支持層も鳩山離れ、参院選投票も目減り(読売新聞)
「内職で月10万円稼げる」と教材費詐取 5億2千万円被害か 元社長ら5人再逮捕(産経新聞)
<毒ぶどう酒事件>「再審決定を」支援者が高検に要請(毎日新聞)
春への道着々 立山黒部アルペンルートで開通準備(産経新聞)

首相動静(4月6日)(時事通信)

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
(了)

子ども手当「外国人に590人分支給」 「まったくのデマ」で騒ぎに(J-CASTニュース)
鳩山首相 連合会長と「政府・連合トップ会談」(毎日新聞)
自民幹事長代理に河野氏 執行部刷新は否定 「中途半端」の批判も(産経新聞)
「事業計画書」作り「援デリ」運営 容疑で無職の男を逮捕(産経新聞)
脳腫瘍克服 日大三エース 「野球がやれた」 選抜高校野球(産経新聞)

長妻厚労相、審議会に陳謝=派遣法案修正で抗議受け(時事通信)

 労働者派遣法改正案が社民、国民新両党の要求で国会提出直前に修正されたことに対し、厚生労働省の労働政策審議会(厚労相の諮問機関)は1日、「審議会の意見を尊重するよう強く求める」との抗議意見書を長妻昭厚労相に提出した。審議会委員によると、厚労相は「二度と起きないようにしたい」と陳謝した。政府の審議会がこうした意見書を出すのは極めて異例だ。
 改正案は審議会の答申に沿って策定されたが、社民党が5項目の修正を要求。政府はこのうち、契約期間の定めがない派遣労働者を対象に派遣先企業が行う事前面接の解禁削除を受け入れた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<郵政改革>亀井氏独走やまず 民主、官業肥大に批判(毎日新聞)
前副知事後任に東京事務所長、福岡知事が方針(読売新聞)
社員のひげ「身だしなみ違反せず」=郵便事業会社に支払い命令-神戸地裁(時事通信)
【新・関西笑談】「経済」を語ろう。(3)俳優 國村隼さん(産経新聞)
首相の元金庫番、力無く陳謝「力を見せたかった」(読売新聞)
プロフィール

おまたまさおさん

Author:おまたまさおさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。